年賀状印刷が安くなる互換インク

年賀状は自分のパソコンでデザインし、プリンターで印刷することができます。自分のオリジナルな年賀状が作れますし、なにより業者に頼んで作るより安上がりです。ただ年賀状は1枚や2枚では済むわけではありません。たくさん印刷する必要があります。安く済ませようと思って自宅で印刷してみたけど、結果的にはお金が想像以上にかかってしまったということもあります。コスト高になってしまった原因はインクにあります。純正インクは安くはないので、たくさん印刷する人にとって結構な出費になります。プリンターには純正品出ないとと思っている人もいるかもしれませんが、純正品と同様に使える互換インクを使用することでかなり出費を抑えることができます。これならだいたい半額程度で購入することができますので、たくさん印刷する人にはかなり効果的といえます。

互換インクのメリットとデメリットについて

互換インクとは、メーカーが製造している純正品ではなく、互換性のある非純正のオリジナル商品の事です。互換インクのメリットは、なんといっても単価が安くコストパフォーマンスに優れているというところです。作っているメーカーにもよりますが、純正品と印刷品質も同等並みのものも多いです。注意点としては、メーカーによって、品質が変わる為、購入する際には、信用できるメーカーのものを選ぶ事が大事です。互換インクのデメリットとしては、純正品以外のものを使った際に、万が一プリンターが故障してしまった場合、メーカーの無償修理対象外になってしまう可能性が高いので、その点を踏まえた上で使用をする必要があります。しかしながら、価格が安いというのはとても大きなメリットですので、印刷をする機会が多いという人には向いているのではないでしょうか。

互換インクの保管に関する注意点

プリンターを頻繁に使用する人であれば問題はありませんが、たまにしか使用しない人も多くいます。特に年賀状などの作製時にしか使用しないという人であれば、実質互換インク事態も年に1度しか使われないと言う事になります。その場合使用しない間は、正しい場所に保管しておくことが重要になります。適切な場所としては直射日光が当たらない場所であり、高温多湿といった状況にならない場所で保管しておくことが望ましいです。適切でない場所で長期間保存しておくことで、インクの色自体が変色してしまったりインクが固まって出てこなくなってしまうことや、逆に用意からあふれてきてしまうといったトラブルにつながります。理想的な場所に保管しておくことで2年程度は問題なく使用できるため、しっかりと保管場所は守ることが重要です。またできれば使用を始めたのであれば1年以内を目安に使いきることが理想になるので知っておくと良いです。